アロマって美容にいいの?

アロマって美容にいいの??と質問をいただいたので少し書いてみようと思います。

先に答えを言ってしまうとそれはですね、イエスです!!

なぜはっきり言いきれるか…それは私自身が経験してきたからです。大人ニキビにかなり悩まされましてね、人に会うのも恥ずかしいと思っていた時期もありました(´;ω;`)ウゥゥ

植物美容の記事を書かせていただいています

ちょうど 「はこじょ森林セラピーラボ」 さんにて植物美容の記事を書かせていただきましたので簡単な内容になっていますが良かったら覗いてみて下さいね。

http://hakojo-lab.jp/media/2016/11/18/37

こちらの記事では精油をバスソルトとして使用する例をあげているのですがその他にも精油を使って化粧水、ジェル、オイルなどスキンケア用品を作ることができます。

精油を使ったスキンケア用品は皮膚に塗布する為、皮膚から植物成分を取り入れるアロマの美容法の一つです。

ただスキンケア用品を作るのは、手作りが好きな方はいいのですが毎日となると慣れとある程度の知識が必要で意外と面倒。

スキンケア用品を作らなくてもアロマを美容に取り入れる方法

精油は皮膚に塗布する皮膚から吸収するルートもあれば嗅覚から伝わるルートもあります。嗅覚から伝わるルートとは香りを嗅ぐという事。

アロマは直接塗布しなくても香りを嗅ぐことによって、嗅覚から伝わり脳を刺激して自律神経やホルモン系に伝わっていくのです。

これも嗅覚から伝わるアロマの美容法。

自律神経やホルモンバランスを整えてくれるってことは美容にも大きく関係があるのです。いくら高い美容液を塗ってもストレスなどで自律神経やホルモン分泌が乱れているとお肌に影響が出てしまうこともあります。

私もどんな化粧品を使ってもダメでした。相当乱れていたと思います( ノД`)シクシク…

そんな時はなるべく刺激の少ないケアをするのは必須ですが心のケアも大切。香りにも随分助けられましたよ。

まとめ

  1. ストレスなどで自律神経や免疫系に乱れが起きるとお肌にも影響を与えます。
  2. アロマは脳に伝わる事で自律神経や免疫系に働きかけます。
  3. 自律神経や免疫系が整う事でお肌トラブルも起きなくなります。

このような理由からアロマは美容にいいの?という質問にもイエスと答えられる事と思います。

手作りが好きな方はスキンケア用品を作ってアロマ美容を取り入れても楽しいでしょうし、面倒だな~と思う方は香りによるアロマ美容で心のケアをしてみてはいかがですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする