香りは脳に伝わる!!

アロマテラピーを一番簡単に取り入れる方法はなんだと思いますか?

私がアロマテラピーを生活に取り入れるようになってから、一番簡単だな~と思う事は

香りを嗅ぐこと!

ディヒューザーで空間に香らすのは心地よいしおすすめだけれど、ディフューザーを持っていない方はティッシュに垂らして嗅ぐだけでもいいんですよ。

精油が吸収されるルート

精油が吸収されていくルートは主にアロマトリートメントなどの皮膚からと香りを嗅ぐことの鼻から。経口や座薬もあるけど日本ではまだまだ受け入れられていないですからね。

皮膚から吸収させる場合は希釈する事が基本になるので容器を用意して、何%に希釈するかなと考えたりと少し手間がかかる…

だから一番簡単なのは嗅ぐこと。お気に入りの精油をティッシュに垂らして深呼吸~

はいおしまい!!簡単でしょ(*^^)v

嗅ぐだけで作用するアロマ

では嗅ぐだけで作用するの??という事なのですが実は精油は吸収経路によって働き方が違ってきます。

  • 皮膚から入った精油の成分は血液によって全身に運ばれ体の臓器や組織に作用する
  • 鼻から入った精油の成分は肺から血液に入るルートもあるのだけれど鼻を刺激して脳に伝達する。

嗅ぐことによって脳に伝わるという事なんですね。脳に伝わるという事は脳(視床下部)が司令塔になっている

  • 自律神経
  • ホルモン系
  • 免疫系

ここを調整してくれるのです。

アロマテラピーが自律神経の乱れによる不眠症やホルモン分泌を調整してPMSや更年期障害などに活用されるのはそんな事が分かっているから。

後ね、香りは 感情や情動 にも関連しています。そしてその感情や情動にはやっぱりが関連している。特に脳にある偏桃体という所。

感情は心かと思いきや脳なんですね~。

私も良く分かりやすく伝わりやすく言うために心に作用するとか言ってしまうのですが、心とは脳の事。嗅ぐだけで不安感が改善されたり気持ちの切り替えができたりするのです。

お気に入りの香りを見つけてみて下さいね

生きていれば不安感を感じたりストレスで自律神経が乱れることもあります。でも不調を長引かせない為にも香りを上手く活用してもらいたいなって思います。

アロマショップに行きアロマの香りを嗅いでみると、いい香りだな~とか、癒されるな~とか何だか気持ちが楽になるな~など感じる事があると思います。ぜひ色んな香りを試してお気に入りの香りを見つけてみて下さいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする