星座を象徴するアロマとその成分の作用は関連している?

植物療法の歴史をたどっていくと治療に占星術を使っていたことが分かります。医学の父とも呼ばれるヒポクラテスも患者の診断をする時にはホロスコープを活用したと言われています。

星座と身体は関係があるとこの時代には思われていたんですね。

今はそういった治療は行われていないでしょうが精油の成分の作用星座の象徴する植物を見比べてみると意外と面白いことが分かります。

例えば乙女座さんの特徴は?

例えば乙女座さんを例にしてみます。

乙女座は健康、癒し、奉仕に関わる星なのですが役に立つこと、価値のあることに熱心に取り組み几帳面に完璧にこなそうとします。

そして奉仕を理想とするあまり他人を優先にして自分を二の次にしてしまいがちなので疲労しやすかったりします。更に心配しがちだったり働きすぎの乙女座さんは肝臓や消化器系に不調を起こしやすい。

こんな不調を抱えやすいという事が星座の性質から見る事ができます。

乙女座さん、時には休息も必要ですね。

乙女座さんの象徴オイルはラベンダー

ラベンダーの成分の作用は?

鎮痙攣、鎮痛、鎮静、誘眠、抗うつ、抗菌・・・

その香りは精神安定作用があるのでストレスや不安を感じる時や不眠、リラクゼーションに用いられます。

星座の性質から見る乙女座さんは疲労やストレスを抱えやすい傾向にありましたね。

乙女座さんにとってラベンダーは心配する傾向を和らげ他人に奉仕した疲れを癒しゆっくりと眠りにつく為にも必要な精油ではないかと考えられます。

乙女座の支配星は水星

水星のハーブにはフェンネルやペパーミントがあります。フェンネルやペパーミントは消化器系の不調に用いられるハーブ。消化器系に不調を起こしやすい乙女座さんにはやはり必要なハーブなのではと考えられます。

ハーブティーにして飲んでもいいですね。

こんな風に星座に関連する植物は化学的に見てもその星座にぴったりだったりするのです。

自分に今必要な精油なにかな~と精油選びに迷ったときは、ご自身の星座の特性や象徴オイルを知っていると参考になります。ご自身の関連する星座から選んでみると意外としっくりするかもしれませんよ(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする